コミュ障アラサーリーマン♂だけど、ツヴァイで2年かけて入籍できました

コミュ力の低いアラサーサラリーマンがツヴァイ、Yahoo!お見合い、婚活パーティを駆使し、約1年半の婚活期間を経て婚約にいたりました。その中で得た気付きをまとめていきます。

カテゴリ: ツヴァイ完全攻略

約2年ぶりの更新となってしまいました。

しかも今回で最終回となってしまうことをご容赦ください。

婚約して同居するようになって以来、一度も更新することはありませんでした。

妻との初めての二人暮らしは戸惑いや喜びの連続で、ネタには事欠かなかったのですが、
婚活中の方や、婚活を始めようか迷っている人には役に立たないと思ったので記事にはしませんでした。

更新するとしたら、二人暮らしが破滅に終わり、再びバツイチとして婚活を始める時ぐらいかなあ、と思っていました。

しかし、結末はまったく別の方向に。




先週の日曜日、36時間以上続いた陣痛に苦しめられましたが、無事に男の子が産まれました。

妊娠を知ったのは昨年の末ごろ、それから長い長い妊娠生活、そして出産体験・・あっという間に過ぎていった日々が懐かしく思われます。
ほんの二、三年前、婚活を始める前の自分にとっては、まったく予想だにしない体験だったと思います。

ベビーベッドで眠る息子の顔、それを見つめている妻の顔を見ていて思ったのは、二度と婚活生活に逆戻りすることはないだろうな、ということです。

これは確信です。

だから、ブログはきっぱり閉鎖することにしました。

ただ一カ月ぐらいはコメントいただければ逐次返信したいと思います。

ですが、どんな質問をいただいてもアドバイスは二つに集約できると思います。

・婚活を始めるか迷っている人は、ぜひ始めていただきたい。
・婚活を続けるか迷っている人は、ぜひ続けていただきたい。

結婚、そして妊娠と出産・・人と人の縁が織りなすこの奇跡的な体験は、どんな苦労にも勝ると思います。

一人でも多くの人が、この経験をしてほしいと切に願っています。

そして、このブログの記事がその一助になれば幸いです。

最後になりますが、このブログを見てくださった方、叱咤激励のコメントを頂いた方に厚く御礼申し上げます。

私たちがいま幸福な毎日を過ごせているのも、皆さんのおかげです。

末筆になりますが、皆様のご多幸をお祈りして、筆をおきたいと思います。

本当にありがとうございました!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村


連載も今回が最終回です。

ここまでツヴァイについて裏表なく語ったブログはほかにないと自負しています。

ずいぶん辛口なことも書きましたが、婚約者に会えたのはツヴァイのおかげなので当然感謝しています。

婚活したいと相談を受けたときは、迷いなくツヴァイをお勧めしています。

そのうえで、ツヴァイの良い点、悪い点をまとめると以下のようになります。

【よい点】
  • 会員数が多い

  • 支店が多い

  • 本気の人が集まっている

  • サポートがよい。

※ここでいうサポートは、引き落とし口座を変えたいとか、WEBページの見方がよくわからないとか、そういう問いに対するものです。


【悪い点】
  • コストが高い

  • お相手探しに関しては基本放置プレイなのでみずから動く必要がある。


とはいえ、素敵なお相手を見つけることができれば、その価値は無限大です。
見方によっては最高のコストパフォーマンスかもしれません!

「みずから動く必要がある」についても、当然といえば当然のことです。
一生をともにする伴侶なのですから、自らの意志で見つけましょう!

さあ悪い点がなくなりましたね(笑)。ここらで一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

婚活に悩んでいる方、ぜひツヴァイで素敵な人を見つけてください!


「 ツヴァイ、完全攻略 その1 初めに知っておいてほしいこと」へ戻る



にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

婚活を始めて1~2カ月もたてば、勝手がわかってくるでしょう。

早い人は1~2カ月ほどでさっさとお相手を見つけて婚活を卒業していきます。

そういう人には素直におめでとうを言いたいところですが、
一方で煮詰まってしまう人が多いのが婚活の難しいところです。

自分が好意を持っている人には逃げられてしまい、
逆に自分がお断りした人にはしつこく求愛される・・婚活なんてそんなものです。

その中で一つアドバイスできることがあるとすればそれは、

 「婚活は確率のゲームだ」

と自分に言い聞かせることです。

 →「婚活の確率論」

にも書きましたが、たとえば8%の確率で当たりが出るサイコロを振るというゲーム=婚活なのだと考えてください。

4,5回やって駄目でも、10回、20回やればかなりの確率で当たりが引けます。

100回やればほぼ間違いなく当たりますよ。

つまり、続けることに価値があるのです。


しかし8%では満足できない、もっと確率を上げたい、という方は婚活本や婚活ブログを読みつくしてファッションセンスやコミュ力を向上させることで確率は必ず上がっていくと思います。以下の記事も参考にしてください。

 婚活お勧め書籍 TOP7
 婚活男子向けファッション指南


スランプに陥ったら



婚活が確率のゲームである以上、悪いくじを立て続けに引くこともあります。

実際、長くいればいるほど婚活はつらくなっていきます。私もそうでした。

  • ツヴァイの紹介は、なぜか半年過ぎたあたりから紹介人数がガクッと減りました。
    もう紹介人数のノルマは満たせることが分かったので、絞ってもしまったのか!?と混乱するぐらいに


  • とき同じくして仕事が忙しくなり、婚活疲れもあいまって続けるのがつらくなりました。


  • 婚活中に迎える誕生日、帰省、友人の結婚式などのイベントはつらいものです。



スランプへの対処方法は3つあると思います。


1.「やめます」宣言をアドバイザーにする



ツヴァイのアドバイザーさんはあまり権限がないのもあるのでしょうが、一生懸命にお相手を探してくれるふうではありませんでした。
 アドバイザーさんを本気にさせるには、「やめる」のカードをちらつかせるしかないでしょう。
 ペアメイキングに一生懸命になってくれるかもしれません。

 ツヴァイではないですが、「婚活マーチ」という相談所を舞台にしたマンガでもそういうシーンがありました。

 


2.ザオラルメールを送る



 かつていいところまで行ったけれどうまくいかなかった方にダメもとでメールを送ってみてはどうでしょうか。
うまくいけばもうけもの、失敗しても失うものはないのですからどーんと行きましょう

あけおめザオラルメールのすすめ。


3.再出発する




アドバイザーが頑張ってくれても交際にいたらないのであればツヴァイを見切るのもやむなしだと思います。

入会時に説明を受けますが、ツヴァイとは基本的に1年(休会期間除く)契約です。
それ以上続けたいと思っても、ツヴァイに断られれば、そこでおしまいです。

とはいえツヴァイも年会費がほしいので、よほどのことがない限り2年目以降も継続して活動できるようです。

しかし、そこが落とし穴だと思います。

ツヴァイは会員番号から入会時期がばれてしまいます。
某掲示板(2ch)には会員番号と入会時期の対応表が載っています。


これを知っている人があなたの会員番号を調べて、「もう3年前に入会した人だ・・」とわかったらどうなるでしょうか。
選り好みが激しい、何か大きな問題を抱えている、と思われてもおかしくありません。

ツヴァイでよい出会いがないのであれば、別の相談所で再出発をするのがよいと私は思います。
やはり1番のお勧めはオーネット
です。

ツヴァイの35,594人(2014年2月現在)に対し、オーネットは41,192人の会員がいます。
41,192人が一気に花嫁(花婿)候補になるのですから、賭けてみる価値はあるはず。

加えてオーネットにはリフレッシュプランという、相談所乗り換えで最大3万円キャッシュバックされる特典があります。(ケータイのMNPによるキャッシュバックみたいなものですね)

他社でがんばってきたあなたに…リフレッシュプラン

ほかにも入会したてのときは「イントロGバブル」というとてつもないチャンスがあります。
(詳細はオーネットの体験談に譲ります)

あれ?俺って実はモテる!?イントロGバブルの罠!

次点はIBJメンバーズ(ブライダルネットの運営元)です。私も説明を受けに行ったことがあるのですが、成婚率の高さ(50%以上!)を売りにしています。システムの使い勝手も素晴らしいと思います。

IBJが主催するPARTY☆PARTYの婚活パーティに参加し、見事玉砕すると、希望者は別の部屋に連れていかれてIBJラウンジメンバー(いわゆる相談所)の説明を受けることになります。
興味がある方は玉砕覚悟でPARTY☆PARTY
に参加してみるのもよいでしょう。

なおIBJもツヴァイと同様に株主優待券がありますので有効に活用しましょう。
入会金が10万円引きになります!


ほかにも婚活パーティやネット婚活の方がうまくいっているのであれば、そちらを主戦場にするやり方もあると思います。


もう一度別の相談所に入会するということは、あのバカ高い入会金を再び払うということで、躊躇される方も多いと思います。
しかし、ツヴァイを続けて延々と年会費を支払うより、スパッと関係を切って再出発し、とっとと卒業した方がトータルでの金額は安く済むこともあり得るのです。決断は早ければ早いほどよしです!

婚活がうまくいかないときは、このページを読み返していただけるとうれしいです ^^)/

恋愛傾向チェック

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




プロフィールシートに対して申し込む際、通常の「申し込み」のほかに「出会いのセッティングサービス」が用意されています。

出会いのセッティングサービスは1回3,000円、申し込んだ方が負担します。

通常の「申し込み」の場合、OKの返事がもらえると、連絡先が交換でき、あとは自由交際です。

「出会いのセッティングサービス」ではOKの返事が出ても連絡先は知らされません。アドバイザーから連絡が来るので、会える日を伝えます。次にアドバイザーがお相手の方の日程を調整して、お見合いの日時を決めて連絡してくれます。

つまり、当日お逢いするまでアドバイザーが仲介し、お相手との直接のやりとりは一度も発生しません。

お引き合わせは活動中一度だけありました。(フルートが吹ける方だったので仮にフルートさんとします)
こちらからふつうに申し込みしたのですが、お相手からの返事は「セッティングサービス」を希望するものでした。

そこからアドバイザーとの日程のやり取りを経て、いざ出会いのセッティングの場へ向かうことになりました。

私の場合、待ち合わせ場所は帝国ホテルのラウンジでした!
ツヴァイの支店になる場合も多いようですが、条件はわかりません・・。

帝国ホテルのラウンジなんて、ザ・お見合い、という感じでイヤだという人もいるようですが、
私は初めての体験なので、うきうきしながら向かいました。

定刻より少し前に伺うと、ホテルのボーイさんに通されてふかふかの椅子で待たされます。飲み物がサービスで出てきます。

定刻にアドバイザーさんがひとりでやってきました。
事前に分かっていましたが、このアドバイザーは、私が入会した時にお世話になった方ではありませんでした。

あとで知った話ですが、フルートさんのアドバイザーというわけでもなく、フルートさんが入会の時にお世話になった方だということです。

簡単な説明があった後、アドバイザーは席を立って、フルートさんを連れてきてくれました。

この辺りはなんだか本格的なお見合いみたいでドキドキしますね。普通にメールして待ち合わせするときとは別の緊張感があります。

あいさつもそこそこ、フルートさんも飲み物も注文、さらに二人ともケーキが注文できました。

ケーキを待っている間アドバイザーがお見合いするお二人の情報を簡単に説明してくれます。当然、全力あげあげ↑ 褒めまくります。

このときはやはり恥ずかしかったですね。自意識過剰かもしれませんが、一目でお見合いだとわかりますから。近くの席のおじいさんがにやにや顔で見ていたような気がしましたよ。

アドバイザー「こうして会うだけでもご縁があったわけですから、答えは急がずに、最低でも3回会ってから決めていただきたいと思います」

その一言が印象的でした。要は1,2回会っただけで切れてしまう方が相当数なんでしょう。

アドバイザーは退席して、そこからは二人の時間になります。

小一時間ほど話しましたが、なかなか共通の話題が上がらず盛り上がりませんでした。

その場で解散となったのですが、出会いのセッティングサービスの時に気を付けなければいけない点が二つあります。

1.連絡先を聞く



いつもは連絡先を知ったうえで会うので忘れそうになりましたが、去り際に連絡先を聞きました。
(まあ、忘れてもアドバイザー経由で聞き出したり、次回もセッティングサービスにしたりという形にできると思いますが)

2.半強制的にお相手のおごりになる!



けっきょくケーキ×2、コーヒー×3(アドバイザー含む)を注文しましたが、すべてお引き合わせの3000円に含まれているとのことです。

これは帝国ホテルということを考えると、けっこうお得かもしれません。
でも場所がツヴァイ支店であれば、お得ではないかも。
※ツヴァイは帝国ホテルのオフィス棟を間借りしていることもあり、何か特別な優待価格などあるのかもしれません。

代金はツヴァイにつけておいて、といった感じで、お会計がないため、おごりor割り勘の悩みに直面することはありません。
とはいえ、これは実質お相手の方のおごりに違いないのです。(別れ際に千円や二千円渡すわけにもいかないですしねえ)

ここはやはり「次は私がお店を決めて案内しますし、ご馳走しますよ」と宣言しておいた方がよいのでしょうね。

・・・・

私は「セッティングサービスなんて初めてで緊張しました」と正直に言いましたが、フルートさんは毎回セッティングサービスを使っているそうです。
理由は深く聞きませんでしたが、やはりお嬢様育ちで、男性に関して警戒心が強いのだと思います。子供のころからフルートを習っている時点である程度感づいてはいましたが。

アドバイザーさんの不安は的中して、フルートさんとはそれっきりです。
一応振られた形ですが、話がいまいち盛り上がらなかったので、ああそうだよなあ、という感じでした。上述の「ご馳走します!」宣言があれば結果は違っていたのかどうか。


以上、お引き合わせについての流れでした。

総合的にみると、3000円払ってまで使うことはないなあ、という印象です。
連絡先の交換にそこまで警戒する必要もないですし、日程と場所を自分たちで調整するのも、慣れれば大した手間でもないです。

利用するメリットが薄い割に、会うたびに毎回3000円取られていたら、けっこうな出費になりますよ。
女性ならその金額でも婚活パーティに出られますからね。

セッティングサービスは最初の1,2回くらいにしておくのがお勧めです。

↓ツヴァイの資料請求は以下から無料でできます↓
恋愛傾向チェック

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村






ツヴァイ独自の機能として価値観マッチングがあります。

今日はこの機能について説明したいと思います。

「価値観マッチング」とはその名の通り「価値観」によって男女をマッチングさせる機能です。

価値観は32項目用意されており、入会時にアドバイザーからそれぞれ5段階で評価するように言われます。



アドバイザー「年収とか、年齢とか、条件ばかりの出会いではつまらないじゃないですか。そういう思いから、価値観マッチングが開発されたんです」

トレバー「なるほど。この価値観32項目についてお相手と自分を重ね合わせた結果、ぴったりくる人がお勧めというわけですね」

アドバイザー「いえいえ、たとえ価値観に違いがあっても、そこが魅力的に映ることもありますから (^^)」

トレバー「(じゃあ、あんまり意味がないんじゃ・・)」


と、正直私ははじめから期待していませんでした。

価値観の内容としては以下の図を見ればわかります。

katikan



「21.コラボレーション」とか「28.質実剛健」とかよくわからないものもありますね。とにかく直感で判断するようにいわれました。

正直いうと、価値観マッチングをするうえで、相手の価値観を気にしたことはありません。
(でも「14.外見へのこだわり」を最上級に持ってくる相手はいやですね・・)


申し込み時にわかるのは「相手の名前(下だけ)」、「年齢」、「自己PR文」、「お住まい(都道府県単位)」、「価値観マッチング状況」だけです。
プロフィールシートに記載されている家族構成や職業、年収、身長・体重、写真などはわかりません。(申し込みが成立した時点でお写真は確認できます)

このうち同じ都道府県で、年齢と自己PR文を確認して、いいな、と思った人をチョイスして申し込みました。

4~5人に申し込みまして、そのうち2名とはお会いすることができました。

しかし、けっきょくのところ1度あって終わってしまいました。(1名はこちらから、もう1名は相手から)

なぜうまくいかなかったのでしょうか? それは「条件のどこが不一致なのか、腹の探り合いになってしまう」ことが原因だと思います。

むろん、プロフィールシートがまだ送られてきていないだけで、お互いの希望条件には一致しているのかもしれません。
ですが、私のようなビビり癖の人間は、疑心暗鬼になってしまったのが正直なところです。

(お相手はもっと高身長を望んでいたんじゃないか、とか、お相手は実はバツイチなんじゃないか、とか)

気になったら聞いてもいいのでしょうが、コミュ障にはハードルが高すぎです。


想像するに、お会いした方のうち一人は、家族構成からして「婿養子希望」だったのではないかと思っています。
もう一方は正直不一致な部分が思いあたりません。

以上から、「価値観マッチングは私には役に立たなかった」というのが正直な感想です。

むろんツヴァイの価値観マッチングで婚約された方も大勢いるでしょうし、一概に否定するつもりはありません。
条件面ばかりの婚活になってしまうのも寂しい気がします。
プロフィールが送られてくるのをただ待つのではなく、自分から申し込むという姿勢も大事だと思います。

ただ落とし穴がありまして、

  • 価値観マッチングの紹介者はツヴァイの紹介ノルマ(スタンダードなら72名)に含まれる。

  • 価値観マッチングで申し込むまでもなく、そのうちプロフィールシートが送られてくるかもしれない。

上記の2点に注意が必要です。

焦って価値観マッチングしなくても、どっしり構えていた方がよいのではないかと思うのです。その方がより多くの、条件にマッチした方との出会いにつながるのでは、と。

以上、低評価ばかりの記事になってしまいましたが、それでも価値観マッチングが向いている人は、

  • プロフィールシートの紹介人数が物足りない方

  • (年齢以外の)条件にさほどこだわりがなく、会ってみてからのフィーリングが大事という方

ということになります。

その場合もネット婚活やお見合いパーティといった手段もありますので、価値観マッチングの有効性はやっぱり疑問なんですよね~。

↓ツヴァイの資料請求は以下から無料でできます↓
恋愛傾向チェック

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村




このページのトップヘ