コミュ障アラサーリーマン♂だけど、ツヴァイで2年かけて入籍できました

コミュ力の低いアラサーサラリーマンがツヴァイ、Yahoo!お見合い、婚活パーティを駆使し、約1年半の婚活期間を経て婚約にいたりました。その中で得た気付きをまとめていきます。

カテゴリ: 出会った人まとめ

婚活をしていると、自分の欠点をいやでも思い知らされてます。

もっと身長が高ければ、とか、もっと若くてカッコよければとか、年収が高ければとか・・

そのたびに「誰か、ありのままの自分を受け入れてくれ~~~!」と叫びたくなるわけですよ。
(BGMにはもちろんレリゴーがかかっています)


私は長い婚活の果てに、ありのままの自分を受け入れてもらう方法を見つけたいと努力してきました。

そして、ついにわかったんです。


そんな方法はないと!



ありのままの自分を受け入れてくれるほど器量のいいお相手なんていないんですよ!
それが現実! 誰だって欠点はない方がいいんです! ありのままを受け入れる、とかしゃらくさいわ!

でも、代わりとなる方法を一つ見つけました。それは、


ああ、そういう人なんだなあ、

funny-girl-hairs-2867


と思ってもらえる方法です。


マイナス点はいつかばれます。
その時、

「ああ、そういう人なんだな。でも、たいして気にならないな」


と思われるか、


「そんな人だとは思わなかった。もう会わないことにしよう!」

と思われるかで男女の関係がうまくいくかどうかが決まります。


その決め手とは何なのでしょう?


その前に自分の経験を振り返ってみてください。

どんなバカをやっても「そういうやつだから仕方ないか」と許してくれる存在を。





そう、それは両親です。

オネショしようが不登校になろうがニートしてようが「そういうやつなんだから仕方ない」とせっせとスネをかじらせてくれる。
それが親です。

あるいは身内といってもいいかもしれません。


もうお分かりでしょう。

「ああ、そういう人なんだな」と思ってもらうためには身内になることがいちばんです。

身内は難しくても、さっさと付き合ってしまうことをお勧めします。

中学生みたいなまじな告白はいらないので、

「もう出会って○○回目のデートですね。もっと○○さんのこと知りたいので、次のステージへ進んでもよろしいでしょうか」

とか、お酒の入った夜景のきれいな場所でいえば確率はぐっと高まりますよ。

付き合ったとたん、お相手のハードルがぐっと下がるのがわかると思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村














元同業者さん改め元同僚さんとの話が盛り上がっていたとき、元同僚さんが突然苦笑いすると、

「ちょっと、歯にものが挟まってしまったので」

立ち上がって、そそくさとトイレへ行きました。途中、くるりと振り返って、

「トレバーさんは大丈夫ですか?」

といわれました。私は別に歯にものが挟まってなかったので、大丈夫と答えました。

数分で彼女は帰ってきましたが、それからなぜか場が冷えてしまった感じがしました。

私が何を言っても空返事といった感じです。

コミュ障ゆえのビビり癖が発動し、(何かまずいことを言ったかな?)と思いましたが、聞くわけにもいかず、淡々とお皿を平らげてランチは終わりにしました。

会計を済ませた後、元同僚さんは「すみません。トイレに・・」と言いだしました。
先ほどのトイレからまだ十分程度しかたっていません。 

元同僚さん「トレバーさんは大丈夫ですか?」
トレバー「?? 私は大丈夫ですよ」

そういった瞬間、元同僚さんが溜息をついたような気がしました。

その後もおしゃれカフェめぐりをしました。目をつけていた「文房具カフェ」という、文房具使い放題の不思議なカフェがあるのですが、そこでも話は盛り上がらず、1時間で解散となりました。

その後、駅のトイレで気づいて驚愕したのですが、

歯にものが挟まってました・・。

ピザに入っていたホウレンソウみたいなものと、ピザの生地まで歯の根元に食い込んでいるのです。

たぶん元同僚さんはそれが生理的にダメでドン引きだったんでしょう。
私も「サンマさん」と会ったとき、歯並びがダメでお断りした過去があるのですからよくわかります。

元同僚さんは、トイレに行ってきれいにしてほしいと思い、何度もトイレに行くチャンスを私に与えてくれたのだと思います。



けっきょく元同僚さんとはそれっきりになりましたが、この出会いをきっかけにデンタルケアに目覚めました。

そして歯の一部に黒ずみがあることが気にかかり、久しぶりに歯医者に行きましたが、

「たくさん虫歯があります。根気よく通ってくださいね (^^」

とイケメン歯医者に笑顔で言われました。5、6年ぶりの歯医者とはいえ、まさかの展開です。

婚活優先で、かつ土日しか行けないので、なんだかんだで一年間通いました。治療費もばかにならなかったです・・。

虫歯発覚以来、心を入れ替えてデンタルケアに励みました。
私がデンタルケアで心がけているのは以下の4点です。


・歯間ブラシを持ち歩く
 
 ドラッグストアで売っている歯間ブラシ(キャップ付)を財布に忍ばせて持ち歩くようにしました。
 婚活で食事した後は必ずトイレで歯をチェックです。
 毎晩のお風呂でも欠かさず歯間ブラシをかけています。


・歯磨き後はすすがない
 
 友人に聞いたのですが、歯磨きしたあとすすがない方が効果があります。最初は口の中に歯磨き粉が残っていて嫌な感じですが、一週間で慣れます。


・電動歯ブラシを使う。 

 フィリップスの一番安いもので十分なので電動歯ブラシを使いましょう。手動よりきれいになるのも理由の一つですが、それより大きいのはさぼれなくなることです。電動歯ブラシは一定時間で振動が切れるようになっているので毎日一定時間磨くことになります。ずぼらな方ほど効果大です。

フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6520/50
PHILIPS(フィリップス) (2013-04-20)
売り上げランキング: 56
 元来の心配性を発揮した私は、「もしかしておれ、口臭がきついんじゃないかと恐れおののくようになりました」。
 歯並びや詰め物、ちょっとした着色が許せる人でも、口臭は許せない、という人は多いのではないでしょうか。

 思い切って歯医者さんに聞いてみようかと思いましが、今後も長く通うことを考えると、気まずくて聞けませんでした。そこで口臭外来があると知り、そこで検査してもらいました。(たまたまキャンペーンで無料でした)
 結果は「問題なし」だったのですが、行ってよかったと思います。
 口臭のせいで振られ続けるなんて本当にもったいないですからね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
恋愛・結婚 ブログランキングへ 



small__5305508595
photo credit: theCarol via photopin cc

久々に出会った人との振り返りを書きます。
7,8人目をすっ飛ばしていますが、書きやすいところから書くというスタイルでやっていきたいと思います。

9人目はYahoo!お見合いで出会った方です。

年齢:28歳
職業:事務職のOLさん(最近転職したらしい)
都内に一人暮らし。

プロフィールを見てもそこまで惹かれるところはなかったのですが、
その平凡なところにかえって好感を持ち、メールをオッ食ったところメッセージ交換が成立しました。

聞くと、転職前の業種が私と同じだったことから親近感を持ったらしいです。

同業や元同業者は結婚相手としていいですよね!
私の業種は定常的に忙しいのですが、理解のない妻だと終電で帰ってきたとき「浮気してきたんじゃないの!」と責められそうです・・。
元同業なら業界の話や仕事の愚痴も共感してもらえるので話のネタも豊富になりますね(コミュ障としてはこれが一番ありがたい)

実際、一度平日にお会いしようとしたのですが、突発的な仕事のトラブルで帰れなくなり、やむなく延期をお願いしたことがあります。
その時も、元同業さんは

「この業界じゃよくあることですよね。私もむかしは~」

と共感してくれたのです。

やはり平日はやめにして、次の土曜日に表参道でお茶することにしました。

表参道なんておしゃれな街、コミュ障の私は普段選ばないのですが、たまたまその日の午前中に自己啓発セミナーが表参道で開かれており、それに参加するために待ち合わせ場所もそこにしたのです。

(この自己啓発セミナー、婚活の足しになれば参加したのですが、思いっきりクソでした。詳しくは別記事で書きます)


表参道の交番の前で待ち合わせること10分ほど、元同業さんが表れました。

あか抜けた感じで、髪も茶髪、目印にしてくださいといわれていた赤い腕時計がとてもおしゃれな方でした。
Yahoo!お見合いに写真掲載されてなかったので、ある意味賭けだったのですが、この時点でかなりガッツポーズです!

表参道はおしゃれなカフェであふれていますが、数少ない女友達からおススメされたカフェに行ってみました。

するとどうでしょう、店員さんがみんな外人なんですよ! 

かなりビビりながらも、片言の英語で対応するしかないな、と思っていたら

「2名様ですか? こちらへどうぞ」

と流暢な日本語が。

トレバー「・・・・」
元同業さん「・・・・」

一瞬無言になりましたね。

そこはイタリアンのお店で、私と元同業さんはパスタとピザをそれぞれ頼み、半分ずつ食べることにしました。

雑談タイムはやはり私の職種の話になりました。こんな苦労があったとか、こんな上司や同僚に振り回されたとか・・元同業者だけあって、業界あるある話に花が咲きました。
普段聞き役に回ることの多い私ですが、この日ばかりは主体的に話せました。

ですが、話をしているうちに恐ろしいほど共通点が多いことがわかってきたのです。ただの偶然では済まされないほど。

元同業さん「もしかして、トレバーさんが勤めている会社って○○ですか?」

大正解でした。そうです。元同業さんは「元同じ会社の社員」でもあったのです!

とはいえ、私の勤め先は大きな会社であり、勤務先もバラバラ、同期でもないのでお互いに面識はなかったのです。

そこでむくむくと頭をもたげてきた疑問が・・


「なんで会社やめてしまったんですかねぇ」


と口には出せなかったのですが、元同業さんの方から話してくれました。詳細は割愛ですが、要は上司や同僚とそりがあわなかったこと、仕事が多忙すぎたことが原因のようです。

元同業さん「転職して年収は半分ぐらいになったけど、ストレスもないし、ほぼ定時で上がれるし、とても快適です」


トレバー「あなたの倍の年収だけど、毎日終電でつらいです・・」


とは言わなかったですけど、正直ちょっとうらやましかったです。

サプライズがありましたが、元同じ会社とはいえ、お付き合いするうえでの問題にはならないようでした。

「もし仮に結婚式にトレバーさんの上司が来ても、私のことを知っている人は一人もいないでしょうし・・」

と何やら具体的なお話まで。

ここまでは素晴らしい展開だったのですが、あることがきっかけですべて台無しになってしまうのです。




 コメントありがとうございました。
 リクエストのことを受けて、過去のことより、まずは直近のことを語りたいなあ、と思います。
 
 2月から本交際が始まり、プロポーズまで8カ月ほどでした。
 思えば早いものだと思います。
 通常、交際から婚約までは2~3年というデータがあります。
 婚活なので多少早くなるとしても1~2年ぐらいは付き合ってそれから婚約かなあ、と考えていました。
 
 それが早まったのは、とある夏の出来事がきっかけです。
 
 それは8月の夏真っ盛り、花火大会に行った時のことです。
 
 彼女はなんと浴衣姿で登場しました。
 
  浴衣の彼女と花火デートだなんて、なんてリア充なんだ! 
 
 と感慨深く思ったことが印象に残っています。
 
 
 ふつうに屋台で食事して、花火見て、帰っただけなのですが、
 帰り際、彼女が衝撃的な発言をしたのです。
 
 私「いや~、楽しかったね! また行きたいね」
 
 彼女「そうだね。そのときは、子供と一緒に来たいね!
 
 私「・・お、おぅ」
 
 
 今から子供ができても来年の夏はぎりぎりじゃないか、と思ったりもしましたが、口には出しませんでした。
 彼女自身、酔っ払ってましたし、具体的に何年後とか考えているわけではなく、
 二人でこれだけ楽しいのだから、子供も一緒ならさらに楽しいだろうなあ、という程度だと思います。
 
 しかしその時から、本格的に将来について考え始めたような気がします。
 
 いきなり「来年の○月には結婚したい!」など具体的なことを言われるとひいてしまいますが、
 こんなふうに将来についてジャブを打たれると、考えずにはいられなくなるのですね。
 その後もジャブは続き(こういう家に住みたいとか、女の子の方がいいとか)、ついにKOされたわけです。(笑)

 カップルによって個人差はあると思いますが、交際から半年ぐらいたてば、自然とこういった発言が飛び出してくるのかな、と思います。
 
 ちなみにプロポーズはセリフを絶対に噛むだろうな、と考えて、手紙にしたためました。

 コミュ障の男性には特におすすめです。 
 周りの殿方に聞いてみると、本人はプロポーズしたつもりなのに、奥さんはそれに気付いてくれなかった、ということがよくあるらしいので。
 思い出の品として残る点もよいと思いますよ!
 
 

出会った人の話が増えてきたのでまとめの記事を作りました。
一年でこれだけの人と会ったのですから、我ながら大したものです。
本交際していた時期や仕事が忙しくて休んでいた時期もありましたし、会うには至らなくともメッセージのやり取りをしていた人も含めれば数倍になりそうです。

1人目)サンマさん
 
7人目)ナニワさん@婚活パーティ
8人目)大島優子さん
9人目)元同業さん
10人目)肩幅さん
11人目)鼻毛さん@婚活パーティ
12人目)美人さん
13人目)ネコさん
14人目)まるちゃん
15人目)Kさん
16人目)教師さん
17人目)年上さん
18人目)amazonさん
19,20人目)ピアニストさん、事務職さん(ダブルヘッダー)
21人目)軽井沢さん。(価値観マッチング1号)
22人目)保育士さん。(価値観マッチング2号)
23人目)理系さん
24人目)ビックロさん。
25人目)師走さん。
26人目)トリックさん。

このページのトップヘ